夏から秋にかけてオレンジ色の花を咲かせる

マリーゴールド。

 

中でもアフリカンマリーゴールドは、背たけが高く土に良いとされています。

真冬の1月は、種が感想してほぐれやすく自然と落ちて次の命の準備中です。

人間の出来る事として、種をほぐしできるだけ広範囲にそれぞれの場所で芽を出してほしいと思います。

放棄農地の利用法の一つとして、お花畑にしてみてはいかがでしょうか。

ご希望の方はご連絡下さい。出来るだけ費用のかからない方法でお分けいたします。

 

ブルトーザーで整備された残土受け入れの土地に種を飛ばしています。夏から秋にかけて

チョッとだけ楽しみにしています(#^.^#)