シノダケに覆いつくされた場所を刈り進めると、徐々に陽の光にさらされていきます。

人間が使わなくなったモノがゴミとなって放置してあり、

根本ギリギリを刈り取ることが出来ないので、作業も難航しています。

シノダケはマメに刈ってあげれば、そのうち自分の成長していい場所を地下で探りながら移動していきます。

張り巡らされた根は、難解です。  どうしたものか?!